運輸安全マネジメント

トランスポート事業部安全方針

「安全最優先」
私たちはすべての事業活動において安全運行を最優先します!

  1. 輸送の安全確保は事業運営の根幹であり、弊社の絶対的義務である事を全社員が深く認識すると共に、関係法令並びに輸送規則・安全最優先を遵守し、業務を遂行して参ります。
  2. 輸送の安全に関するPDCAサイクルを確実に実施すると共に、安全対策を常に見直し、安全性の向上に会社を挙げて努めます。
  3. 「安全と安心」を提供することで、お客様が最高に満足頂ける「思い出」をお届け出来るよう努めて参ります。

運輸安全マネジメントへの取り組みについて

株式会社ノース・リバーは、グループ企業理念、経営基本方針の下、事業運営の最重要項目である「お客様の安全第一」を企業方針の柱として、日々改善を重ね、全役員及び全従業員が一丸となって取り組んで参ります。

  1. 輸送の安全に関する基本的な方針
    1. 代表取締役を中心に、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たして参ります。また、事業所における安全に関する声に真撃に耳を傾けるなど現業部門の状況を十分に踏まえつつ、社員に対して輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底させます。
    2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、確認及びこれに基づく改善(PDCA)を確実に実施し、安全対策を普段から見直し、社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めて参ります。また、輸送の安全に関する倩報は、積極的に公表致します。
  2. 輸送の安全性に関する目標及び当該目標の達成状況

    2014年度は、自動車事故報告規則第2条に規程する事故件数はありませんでした。
    2015年度は、引き続き同規程による事故0件を目標として、一層の事故防止に取り組んで参ります。

  3. 2014年度事故統計(自動車事故穀告規則第2条に規程する事故)

    ありません。

  4. 輸送の安全に関する重点施策
    1. 輸送の安全に関する基本的な方針に基づき、次に掲げる事項を実施しております。
      1. 全社員に輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守致します。
      2. 輸送の安全に関する予算を大幅に確保し効率的な運用を進めて参ります。
      3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は、予防措置を講じます。
      4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し社内において必要な情報を伝達、共有します。
      5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実行して参ります。
  5. 輸送の安全に関する教育及び研修計画
    1. 取締役会で安全管理に従事する者及び当該事業部代表者
      1. 毎月、定例会議並びに運輸安全マネジメント会議を開催し、管理部門と当該事業部門の管理者による意見交換会等を含め情報の共有化を図り、輸送の安全性向上に努めます。
      2. 日常から取締役社長以下管理職の者が営業車ヘの添乗業務を実施し、運転士個々の安全に関する姿勢、接客接遇に対して適切な指導を行います。
    2. 運行管理者
      1. 独立行政法人自動車事故対策機構の講習会を受講致します。
    3. 運転者
      1. 事故発生後は会社が事故内容の分析を行い、類似事故の再発防止に努めます。
      2. 全運転者は適正診断を受診し、その結果に基づきカウンセリングを受け、各自の癖や注意点を把握する事により事故防止に努めます。
      3. 新任運転士は入社時の安全教育を「新人教育マニュアル」に添って実施します。
      4. 外部講師による接客マナーや接遇教育も必要に応じて実施します。
      5. チームリーダー制を活用し、小グループによるきめ細かな指導と自らが率先して輸送の安全に関し意識付けをする場を設け、厳格に事故防止対策を進めていきます。
  6. 安全統括管理者

    柴田雅通

2015年1月1日

株式会社ノース・リバー
トランスポート事業部